ガイド日誌 -Recent Highlights              -過去のガイド日誌はこちら-

KAMUYではすでに定番化した夏の源流「泳ぐイワナ釣り」

​新千歳空港から走ること3時間弱。 首都圏からたったの半日で北海道の冷たい源流に心身ともに清められる。

コアな沢ヤさんたちにとっては今や定番のFinetrucksフラッドラッシュ。

 

​国産品。

わかりやすく説明するとウェットスーツとラッシュガード双方の良いとこどりみたいなウェア。

​濡れても寒くない、重くならない、動きやすい、蒸れない、暑くない、着やすい、脱ぎやすい、嵩張らない…  とかなり性能的にヤバい。

​いったん源流釣行でこれを体験すると次回から手放せなくなる魔法の衣服。

​国産品の質の高さをモロに再認識させてくれる。

 

2020年 7月

コロナ渦中の新千歳空港は人も少なく静か。

リピーターの到着を待つ。

山中深くの大イワナを目指す釣り人にとって世間の自粛ムードと日本人特有のいやらしい同調圧力など関係なし。 

それで良いと思う。     

 

今回ガイドがゲストのために用意したハードな沢用

装備1式。  沢専用の保温力と撥水性能の高いウェア上下とソックス・グローブ。 それに加え落石や転倒から頭部を保護するためのヘルメット、ザイルによる確保や懸垂下降を可能にするためのクライミングハーネス・安全鐶付カラビナ・アセンション・ATC、 さらにバックパックまで用意とまさに全身の装備を完全に補完。  まさにこれだけでいきなり北海道の源流に直行できる専用装備のレンタル1式。

​それでわ早速とばかりに…

泳ぐ。

​快適。

​おもわず笑顔。

 

​初日は釣りよりもまずは環境適応。

​オリエンテーションというやつ。

深い釜をへつる、這いずる、泳いで渡る、そして、滝をのぼる。 

滝を登ればのぼるほどにイワナは大きくなる…  というのは実は北海道では逆で、北海道では海に近くなればなるほどにでっかいイワナがいるものなのだが、そんなことはどうでも良い。  滝がそこにあれば登る。

​だっておもしろいでしょ。

​男の遊びは単純がいい。

​釣り道具はパックロッド一択。 釣るならその時だけパックから出す。 釣らないなら面倒でも都度バックパックにしまう。 慣れていけば時間はそうかからないものだ。

バックパックにゴテゴテとネットだとかロッドチューブだとかいろんなものを取り付けたりしてはいけない。

なんでかって…?

ゴテゴテ付いてたら邪魔で動けない。沢中での行動は岩の上や水中を常時何かにぶつかり、使用者の全体重が集中的に装備に乗っかる瞬間だってよくあるもの。 元々繊細でヤワな釣り道具なんてむき出しで行動してたらあっという間に壊してしまう。

玄人の沢装備は全身ツルッとシンプルにひっかる部分や突起した部分をできるだけ作らないようにするのがスムーズな行動のコツ。  これはあらゆる種類のハードな釣行装備の基本にもなる。

​やがて釜を持った美しい簾状の滝に行き当たる。

​釜に沈んだ巨木の陰にどうやら魚影が…

 

そうっと近寄ってGoproを水の中に入れてみると…

​あゝ いるいる。    右下のところにイワナ。   …わかるだろうか?

 

ガイドもゲストをフォローで登りながら、チョコチョコと釣らせてもらう。

​ゲストがカバーしきれなかった大渕のエグレの下だとか、底の変化点だとかを探ってみる。

 

40cmに少し届かないくらいのアメマスが岩の下からニョキっと顔を出してきてなんとも可愛らしい。

 

こんな川の上の方まで海から上がってくるこの子達の逞しさにいつも驚かされる。

エーアールスピナーに50cmくらいのアメマスがガツンとヒット。  …するもファイト数合いしてすっぽ抜け。   フックが伸ばされ&折られて 惨めな姿になって帰ってくる…  

どうも国産メーカーのスピナー達は想定している対象魚が北海道向きではない様子。

​フックはかえた方がいいのだろう。

夏の小河川でのガイドチョイス。「スピナー」

​古典的だが今も変わらず絶大な威力を発揮する。

写真上から順にBretton 5g (フランス製) x2

エーアールスピナー 3.5g(SMITH)

ファーラップ 4g(d3 カスタムルアー)

…中でもとりわけガイドのオススメはフランス製のブレットン。 スピナーのブレード形状は回転時の振動の大きさ、即ち魚へのアピール力の強さと大きく関係しているが、オーソドックスなこの形状の「コロラド・リーフ型」が最も水推しが強い。 

そもそも小河川でスプーンではなくスピナーを使用する一番の理由が「より短いルアーのトレース距離の中で確実に魚に見つけてもらい、より多く強くアピールすることによってバイトを誘発する」 というもの。

使用目的に一番かなうのはやはり、同社の定番だということで、長年売れ続けているルアーにはそれ相応の理由がある、ということだろう。   ブレットンは価格も他の国産スピナーの半分以下と優秀。

​ルアーの性能と価格は全く関係がない、という典型的な一例か。

先行者(ゲスト)が釣った後の釜で太軸のフックに交換したスピナーによるディープ・スローロールで仕留めた50クラス。

プレッシャーのかかった釣り場で間をおいてルアーについてくるが、そういうのがヒットするとしたら大抵はピックアップ直前の水際…  

こういう魚の行動には本来浅瀬で逃げ場を失ったベイトを捕食するという捕食者の本能が大きく作用しているのかもしれない。

つまりは…

リトリーブは最後まで気を抜かず慎重に云々… というルアー釣りの教科書になら必ず書いてあるアレは正しいというわけだ。

まだこれから大きくなりそうな顔。

​北海道のイワナ(アメマス)は最大で80cmくらいまで成長する。

​勿論そのサイズの個体になると流石にこんな小渓流には上がってはこないが。

 

うおおっ! お、重い!  これはメーターいったか…?!

 

…なんと上がってきたのは見事な鯉。 

 

イトウの川にはこういう外道もいる。

とにかくどんどん数を釣ってー!!

​釣っては放し、そしてまたすぐに釣っての繰り返し…

​重い、これはまたコイか。

​イトウでした。

​湿原の天然イトウの特徴は黄金色。

​イトウ、イトウ。

​はい、イト…   ん? 

 

 

 

アメマスね。

 

 

これまたゴッツいアメマスだこと。  

いっときアメマス釣れ盛る。

産卵帰りの個体と思われ。

毎度おなじみ原野の黄昏タイム。

​午後2時を過ぎるとどんどん気温が下がる。

 

4時を過ぎるとあれだけガンガンきてたアタリもピタッと止んでしまうのはなんとも不思議だ。

エゾシカの悲しげな鳴き声を聞くようになるとあたりは静寂に包まれ、氷点下の夜へと向かう…

​…釣りはまた明日。

スクリーンショット 2020-03-27 19.23.45.png
北海道の釣りガイドKAMUYは北海道で唯一のドリフトボート、カヤック専門フィッシングガイドサービスです。イトウ、アメマス、ワイルドレインボーなど北海道を代表するネイティブトラウトの釣りを強力にガイドします。

Copyright(c) KAMUY All Right Reserved

北海道の釣りガイドKAMUY