​10月のオススメプライベートガイド付き釣行: 道北湿原河川のイトウ

10月第1週から湿原河川のイトウ釣りが開幕する。  11月に入ると周期的に寒気が入るようになり、急激な気温・水温の低下で釣りづらい日があるのに比べて10月は台風シーズンと本格的な冬将軍の到来の狭間に当たる。比較的安定傾向にあるので遠征するなら10月を選ぶのが一番天候リスクは小さいと言えるかもしれない。   詳細は過去ログか特集ページを参照されたし。  

​道北湿原河川 イトウ徹底攻略4日間

​ドリフトボートを使用して湿原河川の天然イトウを完全攻略する4日間のモデルプラン。

DJI_1084.JPG

​10月のオススメプライベートガイド付き釣行: 尻別川/秋のトラウトシーズンは10月

10月に入り北海道の家庭では朝どこの家でも暖房を使いだすのがこの季節。 秋の本格的なトラウトシーズンの幕開けとなる。本流のドリフトボートでは夏の間深場に落ちていた魚が再びシャローに上がってくるため、場所によってはボートを降りてウェーディングからのキャスティングが功を奏することもある。 時間帯は夏と違って気温の上がる日中によく釣れる。 本流のドリフトボートは例年11月に入ってまとまった積雪でボートが入れなくなる直前までがシーズンと考えている。

​10月第1週〜第2週にいつも良い釣りをするファミリーがいるもの。不思議とこの時期に子供達の竿に大型のニジマスやイトウがヒットすることが多い。10月は毎年そういう印象のあるタイミング。

スクリーンショット 2019-03-19 21.40.03.png

​やはり狙いは大型に絞られる。  夏の間散々いじめられてきたターゲットをここであえて相手にするのも一興。  こちらも夏の間に十分に鳴らしてきた腕で狡猾なターゲットに対峙するというもの。 乗合はテクニック重視のゲーム構成で。

fullsizeoutput_c20.jpeg

​10月のオススメプライベートガイド付き釣行: 積丹半島のオフショアジギング/ 戻りのブリ

 

​10月中旬以降、慣れた地元のジグ使い達が再び積丹に通う。 目的は10kgオーバーの丸々と太った「戻りブリ」 過去には最高で16kgを超える個体のキャッチもあったという。身もしまって脂も乗り食味が良いことも相まって人気のあるターゲットだ。この時期は夏と違って徐々に荒れる日の多くなり始める日本海だが夏の間に鍛えた腕を頼りに挑んでみることをすすめる。  外道で稀にメジマグロ。  レギュレーションから今年度から30kg以下の小型のクロマグロはキャッチが原則禁止となった。 長時間の無用なファイトはマグロを殺してしまうため避ける必要がある。クロマグロというのは案外脆弱な側面を持っていて泳ぎ続けていないと窒息死するものなのだ。 そのためヒットしたら手早くリリースまで持っていけるようタックルを吟味する必要がある。

​プライベートガイド:10月/その他

​・積丹半島 チャム・サーモン

9月から引き続き10月いっぱい積丹半島の各河口海岸でサケ釣りが楽しめる。 10月下旬で小ぶりな個体が釣れだすとシーズン終了の合図。

​・ニセコ 渓谷の大アメマス

リピーター限定の渓谷大アメマスの釣り。こちらも9月から引き続きOK  11月中旬くらいまで可能。 

​・道南 チャム・サーモンのフライフィッシング

10月下旬以降、道南方面の河口海岸でチャムの接岸が始まる。  噴火湾のチャムは大型が釣れることで知られているが大きなものでは90cm~  8kg を超えることもある。  穏やかなこじんまりとした小さな川の河口で夕方のフライフィッシングを楽しめる素敵なスポットを案内している。

スクリーンショット 2020-03-27 19.23.45.png
北海道の釣りガイドKAMUYは北海道で唯一のドリフトボート、カヤック専門フィッシングガイドサービスです。イトウ、アメマス、ワイルドレインボーなど北海道を代表するネイティブトラウトの釣りを強力にガイドします。

Copyright(c) KAMUY All Right Reserved

北海道の釣りガイドKAMUY