ニジマス
尻別川
カラフトマス
日高
支笏湖
オショロコマ
積丹

​4月のオススメプライベートガイド付き釣行: キングオブ北海道トラウト。積丹半島「板マス」ジギングが本番

4月初旬は大型のサクラマス 通称「板マス」の本番シーズン。 3月末ごろから徐々に4kgオーバーの個体が上がり出す。

ここで目標とするのは体高のある白銀の5kgオーバー。この時期になる稀に6Kg近いサイズも上がるため実にロマンのある釣りだ。洗練されたフォルムといい、食味の良さといい、何よりもこの美しい魚が外来ではなく生粋の天然種であることといい、この魚の釣りは北海道の「キング・オブ・ザ・トラウト」と称するに十分な資質を備えている。 地元では岸からのキャスティングで狙うのが乗船料などのお金もかからないため庶民には人気があるが、接岸したものは産卵遡上に向けて徐々に餌を食わなくなり痩せてくる、どうせ釣るのならやはり沖で十分に力を蓄えた体高のある最高コンディションのこの魚体を仕留めることを勧める。 シーマの脂ののった見事な肉質は一度冷凍させてからルイベにするもよし、アイヌの伝統料理のチタタプにするもよし、希望者にはガツンとピートのスモーキーフレーバーをきかせたスモークサーモン・ロックスに加工もしている。 この地域の地酒でもあるモルトウイスキーとの相性は抜群だ。

​4月のオススメプライベートガイド付き釣行: 積丹半島/接岸直後の海サクラ・ショアジギング

4月中旬以降サクラマスの接岸が始まると各遡上河川の近隣の海岸、サーフ、地磯からのショアジギングでも狙えるようになってくる。 例年サクラの接岸直後に大きな群が驚くほど岸寄りの浅場に入ってきて驚かされることがあるが、実は最初のこのタイミングこそがこれから始まる長いショア撃ちシーズンの中でも最大のチャンスとなっている。 実際のところシーズンの最初が最大のチャンス、というのはこのサクラマスの釣りに限らず他の魚でもよくあることなのだが…  ●月✖︎日にどこそこのポイントで釣れているぞ!… という情報を得てから釣行したもののすでにそこでは釣れず、それならば他のポイント、ポイントと… 多くの釣り人が条件の良いポイントを探すことに夢中になっているケースをよく見かけるが、そういった努力が報われることは残念ながら少ない。  釣りで大事なのは場所よりもむしろその「タイミング」にあるといってよく、特にスィートな最初のチャンスに当てるためにはこれはもう前以て群の接岸タイミングを「予測」するしかないというのが結論だ。  接岸直後のサクラマスはまだ積極的にルアー・フライを追うため、ただでさえチャンスと確率の少ないこの手のオカッパリ釣りにあっては決定的なこのタイミングを逃さないことこそが最大のコツといっても過言ではないだろう。 チャンスウィークはサクラマスの絶対数によってはかなり前後し、例年だと接岸後だいたい1週間というのが目安となるがただ長い年では数週間コンスタントに釣れ続くこともあり、嬉しい誤算となることもある。 この時期の魚体はまだ接岸まもないということもあって丸々と太っているものが多く、60cm 4kgを超えるものともなるとドラグを効かせながら、スリリングなショアの浅場でのファイトとなり楽しい。

​4月のオススメプライベートガイド付き釣行: 尻別川/ 雪代増水・解氷直後のニジマス

北海道でのニジマスの産卵期は4〜5月。 4月はポストスポーンの時期に当たる。 ただ、ここ数年は降雪量が少ない暖冬が続き、例年通りに雪代増水が起きないという現象も見られるようになってきており、それがニジマスの行動にどう影響しているかは全くわからない。 ただ、地域全体を通して適切な水量とタイミングに見当をつけてポイントに入ると良い思いをすることもしばしばなので、ある意味気候変動によって新しいパターンフィッシングができるようになってきているとする見方もできる。 釣りそのものは派手めのウェットフライかストリーマーをつけてゆっくりと流してやるオーソドックスなスタイル。 

​プライベートガイド:4月/その他

・道南 海アメマス

​ ショアジギングかツーハンドのシューティングで。 実績の高い磯場と漁港を回ります。

 

 

スクリーンショット 2020-03-27 19.23.45.png
北海道の釣りガイドKAMUYは北海道で唯一のドリフトボート、カヤック専門フィッシングガイドサービスです。イトウ、アメマス、ワイルドレインボーなど北海道を代表するネイティブトラウトの釣りを強力にガイドします。

Copyright(c) KAMUY All Right Reserved

北海道の釣りガイドKAMUY