ガイド日誌 -Recent Highlights              -過去のガイド日誌はこちら-

5月   

 

草木一斉に活気付く季節。

魚よりむしろ釣り人の活性が高い季節ともいう。

​北海道では長い冬の間押さえつけられていた「渓流釣り欲」がニョキニョキと芽をだしてくる。

我が家の庭の来訪者。

ある日の釣行準備前にしばし見つめあった。

冬を超えることができた個体なのだろう。

観光客が与えるエサになれた個体は冬を超えることができずに餓死するか交通事故死する。

あえて人間にたとえて言い換えるなら過剰に保護されたニートが経済的に自立できずに両親とともに死んでいくのと同じ。

「かわいいから」 という理由で与えるスナック菓子が野生動物の自立と尊厳を奪い、死に至らしめる。

​5月の川のトラウト釣りは釣れるの?  どうやるの?

…という疑問は少なくないと思う。 

 

実際のところポイントガイドなどを頼りに川に行ってみたものの雪解け時期に当たるGWの連休前後などはどこに行っても増水と濁りで釣れる気がしない。 という人が多い。

結論から書くと。  「5月は場所が全て」

​5月の早い時期にニセコ界隈で川のトラウト釣りが成立する場所は昔から決まってる。

​札幌市郊外にあるポイント。 「春の青淵」

5月連休の真っ最中、すでに水は平水位に戻り澄んだ青々とした水を湛える。釣行時、60cm前後のペアの個体が泳いでいるのを確認できたがフライには反応せず、やがて深い水底へと消えていった。

​5月、GWに必ずチェックして回るポイントの一つ。

「春の青淵」

 

​毎年GWに大型のニジマスを必ずといっていいほど見る。今年は残念ながら不発。

​尻別川支流の一つ。 地点通称「大曲の直上」

下流から遡上あるいは降ってきた個体群が必ず足を止める数百メートルの区間。

「大曲の直上」

 

フライでは8番シンクティップのシングルハンドスペイラインの先端にトラディショナルウェットフライを結び、1スイングごとに数歩づつ移動して区間を探っていく。 

 

ここでの過去の最大魚は74cmレインボー 。イトウも生息している川だから気をぬく事が出来ない。

​ここも毎年5月になると通いこむ定番のポイント。

「大曲の直上」ポイントでルアーで釣れたヒレの整った綺麗な個体。雪解け時期の5月はルアーを早く動かし過ぎると追いきれないことも多いので出来るだけリールを巻かずに流れに乗せるようにして静かにアプローチする。

2019年は記録的に積雪量が少なかった影響で、5月のこの時点ですでに減水が始まっていた。

​それはそれで釣りを楽しんでしまうのが釣り人の悲しい性というもの。

​尻別川支流では珍しい玉石川原の区間。

​時期は連休終わった直後。

​エゾハルゼミ大合唱。

水源標高の比較的低いこの川の水はもう初夏のよう。  最高気温が26度まで上昇したこんな日のウェーディングは最高に気持ちがいい。

​本流をそれて伏流水と思われる小沢を遡上すると、突然目の前がぱっとひらけて現れたヤチブキの群落。

​ヤチブキの合間を縫う水路にミノーを通すと両脇の草の根元からさっと陰が走る。

 

こまっしゃくれた顔のチビイワナが釣れてくる。 

沢わさび。

湧水の川で水通しの良い砂利の上でよく見かける。

見た目がクレソンに似ていて同じように食用にすることもできる。  

​味はこっちの方がちょっとだけ辛め。 よく水で洗って生ハム合わせてサラダにしたりする。

​尻別川水系の支流。シラカバの混交林の間を蛇行して縫うように流れる地点名称「ミニ・チョークストリーム」

​ここも典型的な5月早期だけのポイント。 6月以降は水がなくなっちゃう。

 

 

​Goproやらネット持ってないときに限ってデカイの釣れる。だいたいいつもそう🤣  片手で釣り、片手でスマホ撮影…  手があと何本かあってもいい。    

5月いちばんの釣果となったジャスト70cmのヘン。

Abelのクリックドラッグをけたたましく鳴らして2度までもバッキングを引き出し、猛烈な抵抗を試みた彼女だが…  最後は屈してその身を横たえた。

 

フライは8番 強靭な2XヘビーワイヤのTMC3769 に巻かれたシルバーマーチブラウン。 ティペットは−4X (ナイロン6号相当)ロッドこそ4番だがティペットだけは70~80cm級を小川でかけることを常に想定している。こういう所謂「備えあれば」の一つ一つが大切なのだ。

これを見てもまだ5月は雪代だから釣れないなどと言えるだろうか??

要は場所選びが大事。 5月のトラウト川スポットの共通の特徴は…

・良い水が入っていること。

・浅すぎず早すぎないこと。

・水が冷たすぎないこと。

 

これだけあげればもう十分過ぎるくらいにヒントになると思う。 実際にはこれら水温・水量・水質をトータルに勘案してその日その時点での入釣ポイントとタイミングを効率よく組み立てる。 これに尽きる。5月はやたらとよく釣る人と全く釣れない人の差が大きく出る月。 経験の差。 

Shakespeareのお気に入り4番ロッド。  …もう折れてもおかしくないってくらいに曲がりながらよく耐えて頑張ってくれたもの。

エゾシカの「落とし角」

 

5月に川原歩きをしていると稀に見つかる。

​見つけるとなんだか得したような嬉しい気持ちになる。

家に持って帰ってもヨメに「そんなの気持ち悪いから捨ててきて」 て言われるのわかってる。  …けど持って帰る。

こういうものが男子の宝物なんだよ😎

Copyright(c) KAMUY All Right Reserved

北海道の釣りガイドKAMUY