ニジマス
尻別川
カラフトマス
日高
支笏湖
オショロコマ
積丹
163617261_3859608810819071_8270914095718

​Style トラウト・ドリフトボート編

 

基本編

162539050_3859148264198459_5550879940384

キホンその1 トラウトのウェア選びの基本は自然界の色に近い地味なカラーリングです。(黒、ネイビー、ブラウン、グレー、オリーブ、迷彩など) 最近は派手な色のジャケットとかも流行ってきてるみたいなんですが、トラウト相手の釣りでは絶対にやめておきましょう! こちらの姿が魚に見つかりやすくなってしまうため、特に警戒心の強い大型の魚ほど釣果に影響してきます。 それに派手な色やホワイト、蛍光色は小さな部分にアクセントで使うにとどめておくのが、やっぱりオシャレでセンスよく見えるコツです。(帽子や手袋のロゴ、ネックウォーマーやネックゲイターなど)

163009996_3859148207531798_8417528757413

キホンその2 帽子は必ずかぶりましょう。

163197532_3859148134198472_6740892339417

キホンその3 ルアーやフライなどの危険なものから目を守るため、アイウェア(メガネかサングラス)は必ずつけましょう。

162343185_3859148154198470_1174935102652

キホンその4 ちょっと暑いかな‥??  てくらいでオッケー。 ボートの釣りはあんまり動かないから汗をかいたりすることはあまりありません。 プラス1枚の保温着を常に用意して、暑ければ脱いで調節すれば良いのです。  寒くて着るものが何もない‥  が最悪の失敗パターン。

162532978_3859148160865136_5702494340448

キホンその5 アウトドアでは基本的に”濡れないこと”が大事。 濡れるとそこから一気に寒くなります。 レインウェアはどんな時もかならず用意。 寒冷期は必要な時以外、水や雪にはなるべく触らないこと。

 

サンプル集&図解編

156170337_3807811519332134_4662520841615

サンプル #1  〜20代 男女若者向け 暖かい時期

 

若い人向けスタイル。

最近流行のビッグサイズ系のTシャツやフーディなんかも自然な素材や風合いのものをうまく取り入れると面白いです。

 

ウェアはブラウン、グレー、ダークグリーンなどのアース系カラーがトラウトの基本。

なぜかというと‥  

派手な色着ると魚達に気づかれやすく食いが落ちるのは間違いないからです。

​あと、写真を一緒に撮った時に魚の色彩の綺麗さがいっそう際立つから。  なんてったって釣りの記念写真の主役はお魚さんですからね!

Tops: GU Big T

Bottoms: Patagonia Goretex chest high

​Footwear: Patagonia stealth rubber soles

カンタンでわかりやすい! 図解編。

ティーンズ〜20代 男女におすすめ。 

6月〜7月上旬  8月下旬〜9月中旬

暖かい時期のドリフトボートの基本スタイル

161982820_3845446638901955_2861615902127
 

サンプル #2  40代〜シニア男性向け 暖かい時期

 

6月とか9月の雨の日とか、まだちょっと寒い日の装い。

落ち着いたデザインの天然素材のジャケットをゆったりと羽織ってのんびり流れてゆきます‥。 オイルドジャケットの持つ自然な素材の感じが北海道の川の風景と無理なく溶け合って‥  …ステキですね☆

Tops: Filson Oiled finished Canvas Wading jackets

​Middle: UNIQLO Right down vest

Bottoms: SIMMS G3 Guide

​Footwear: SIMMS G3 Guide Rubber sole

156251933_3807821049331181_6387513418333

カンタンでわかりやすい! 図解編。

40代〜シニア 男性におすすめ。 

6月〜7月上旬  8月下旬〜9月中旬

暖かい時期のドリフトボートのおちつきスタイル

161125951_3847449022035050_1654726190169
 
156854137_3807816022665017_6294248743044

サンプル #3  女性 暖かい時期

 

 

バスやソルトのルアーアングラーでもトラウトっぽいトラッドな雰囲気を出したかったら、襟付きの天然素材のシャツを着てみるのがいちばん簡単でオススメの方法です。 スポーティになりすぎない「きちんと感」が手軽に出せますよ。 ニットのカーディガンなんかを羽織ったらいっそうオシャレ。 予想外の寒さに備えるのもアウトドアの基本です。

こういうふつーのシンプルなシャツって大抵誰でも持ってるものだと思うので、普段あんまり釣りとかしない女性や子供達もトラウト釣りのファッションで迷ったらぜひやってみてください!

Tops: Linnen cotton Oxford shirts

Footwear:EntrantG2 chest high

カンタンでわかりやすい! 図解編。

ティーンズ〜20代 女子におすすめ。 

6月〜7月上旬  8月下旬〜9月中旬

​ブリテイッシュ風スタイル

161434361_3848376595275626_1084052442302
 
155514507_3807814552665164_1664506469520

サンプル #4  女性 暖かい時期

 

 

女性らしさがいちばん際立つ色って、やっぱり黒なんですよね。 最近はピンクやライト系の明るいかわいい色のウェアも流行ってきてはいるんですけど、やっぱりこの黒の魅力には絶対にかないません‥ 

Tops: Mizuno Ladies Breath thermo under Heavy

Bottoms: THE NORTHFACE Alpine light pants Ladies

Footwear: Nylon Hip boots

カンタンでわかりやすい! 図解編。

40代〜シニア 女性におすすめ。 

6月〜7月上旬  8月下旬〜9月中旬

クールなカナディアンマミースタイル

162790873_3857268374386448_5701769590778
 
156249096_3807821175997835_9066252104195

サンプル  #5   全年齢 男女 真夏

 

 

7,8月のドリフトはTシャツだけでラフに。

釣りのことだけを考えたら、色使いをアース系で地味目に抑えなくちゃいけないですが、帽子(ハット)の色をちょっとだけ明るめのブラウンとかにすると小顔効果を出せます。

​サングラスも少し大きめにすることでさらに相乗効果。

​帽子の色とロッドのコルクグリップの色が揃ってるのもオシャレな感じがしますね。

Tops: Patagonia Cotton tee

Bottoms: Patagonia Gore-tex chest high

​Footwear: Patagonia stealth rubber soles

カンタンでわかりやすい! 図解編。

全年齢、性別対応。 

7月中旬〜8月中旬

暑い真夏のドリフトボート。アメリカンおじさんスタイルw

162841860_3857296987716920_3716831249691
 

サンプル  #6   真夏の子供たち

 

活発な子供達は真夏であればザブザブ水に入って遊ぶことを前提にした、ドライ素材のTシャツやスイムウェアなんかが一番人気。  ボトムは同様に速乾素材のショートパンツ。 フットウェアは最近ではマリンシューズが手に入りやすく人気ですね。(マリンシューズはレンタルもありますよ)  

また、ちょっとスタイル良くいきたいっていうオシャレさんは襟付きのシャツなんかがオススメです。 

 

いずれの場合もちょっと思ったよりも寒かった‥ ていう場合に備えてレインウェアや保温着は必ず用意してあげてください。

Tops: Kids Dry round neck  tee

Bottoms: Kids Dry short pants

​Footwear: Marin shoes

156125351_3807815475998405_9137883270420

カンタンでわかりやすい! 図解編。

子どもたち

7月中旬〜8月中旬

暑い真夏のドリフトボート。俺たちプール命だぜ!スタイル

162875514_3857328577713761_7625444759644
 
155948405_3807814372665182_8438501123808

サンプル  #7   寒冷期の子供たち

 

日本では子供用のウェーダーやフィッシングウェアってメーカーがあまり力を入れてないのか、種類やサイズが全然ないのが現状です。  そのため春秋の寒い時期には子供達はスノースポーツ用のウェアを流用するのが良い方法です。 子供は大人に比べて低体温症にかかりやすいので、使い捨てカイロや最近では電熱ウェアなどでしっかりと寒さから守ってあげてください。  KAMUYには子供用のウェーダーレンタルもあるので利用してくださいね。

 

Tops: Kids Ski jacket

Bottoms: Kids snow pants + Boots foot Nylon waders

156125362_3807811679332118_7899362857053

サンプル  #8  男女 寒冷期

 

5月とか10月のふつうな感じの装いです。

オシャレっていう感じではないですが‥ シンプルなGOREのジャケットは雨具として常に必携です。 朝夕と昼の温度差はミドルで調節。 コンパクトにたたんでポケットにも入るライトダウンジャケットがマストアイテムです。

Tops: Mont-bell storm cruiser

Bottoms: Patagonia Gore-tex chest high

​Footwear: Patagonia felt soles

サンプル  #9  男女 寒冷期

4月や11月の防寒装備。

ハンティングっぽい雰囲気を醸し出す迷彩は着る人の年齢や性別を選ばないデザインでもあります。

周囲の自然の風景に溶け込むため、魚に必要以上にプレッシャーを与えないので特に透明度の高い川やボートからのキャスティングの釣りで有利になります。うまく着こなせば釣果もオシャレ度も両方アップ!  ただ迷彩は他のアクセサリなんかも気をつけて選ばないと、中高年男性なんかは「 オラオラ 」なイタイ感じになってしまいやすいですので‥ 

​お気をつけて。

​あと、最近アマゾンなんかで売ってるモバイルバッテリーで発熱するベストと靴下‥  すんっっごく!!  重宝します。

Tops: SIMMS Bulkley jacket Riparian camo

Bottoms: SIMMS G4Z Chest high

Footwear: SIMMS G3 Guide Felt soles

156461352_3809942549119031_9045555346062
156002561_3807815349331751_7794864419680

​サンプル#10    厳冬期  マイナス10度

 

 

12月や3月の厳冬期防寒装備。

 

キョーレツな寒さから身を守るのが最優先!

​もはやおシャレとはほど遠いただの特殊部隊です‥

​良い子はマネしないでねw

Tops: THE NORTHFACE Belayer parka

Bottoms: SIMMS Headwater pro chest high

Footwear: SIMMS G3 Guide Rubber soles

カンタンでわかりやすい! 図解編。

全年齢、性別対応。

10月中旬〜11月中旬 3月上旬〜4月中旬

寒冷期のドリフトボート。防寒基本共通スタイル

163485007_3857361457710473_6555475693804
 

ドリフトボートのウェアリングいろいろ‥

基本的なウェアはまず‥   帽子 + サングラスorメガネ + 季節に応じたトップス + ウェーダー + ウェーディングシューズ  になります。   初心者やファミリーの場合はウェーダーとウェーディングシューズだけは持っていないことが多いので、それだけレンタルで用意すればあとは自分のものを使えば良いというわけ。   あとは雨が降った時に備えてカッパと、おやつとかいろんな物を入れておくためのバックパックやドライバッグがあれば準備オッケー! 

ウェアは「 若作り 」に見えないように年齢にあうデザインを選んで、基本さえちゃんとおさえて着こなせばオッケー。 あとは‥  みんな「自信」をもって! 

‥自然な笑顔がいちばん素敵に見える秘訣だと思います。

カナダ人オブザーバーのステファニー。

​いまはバンクーバーで元気に働いてます。

Tops: Foodie Light down jackets 

Bottoms: SIMMS  headwater pro women​Footwear: SIMMS  headwater women

155505911_3807814205998532_9958314090781

オマケ。  台湾人オブザーバーのヤン・ディンイェくん。

​台湾にはウェアなど必要ないぜー!

いつかケンシロウのような男になるのを目指しているらしい‥

Tops: Skin

​Footwear: SIMMS G3 Guide Boots

 

​◽️ウェア・装備を売っている北海道のオススメショップ

158867006_3828011130645506_8549390659050

CORSO(コルソ) 札幌

​一般的なフィッシングウェアの在庫が豊富で試着もできます。 KAMUYガイドが使用しているSIMMSやパタゴニアなどの一流ブランドも同じく在庫豊富に取り扱っているので、本格的なウェアが欲しい人にも◎  釣り具屋さんですのでもちろんルアーやリール、ロッドなどもたくさん売っています。

https://corso-sapporo.com

158862016_3828011137312172_1681667975784

秀岳荘 札幌白石店

​フィッシングウェアではなくアウトドア系全般、特に沢登りやカヌー・ラフティングなどの専門的な装備を多く在庫しています。 シャワークライミング用の沢足袋やクライミングハーネス、ヘルメットのほか、ウェットスーツやフラッドラッシュなど、ここでしか手に入らない特殊な装備が豊富にあります。定休日があるので注意。

https://www.shugakuso.com

ワークマンプラス 小樽店

​コストパフォーマンス派に大人気のワークマン。 北海道のアウトドアに必携の防水透湿素材のレインウェアや中綿入りの防寒レインウェア、防水バッグ、ドライ素材のウェアなどがびっくりするような安価で手に入ります。 また最近ガイドも超オススメしているモバイルバッテリーで発熱する電熱ウェアもここで入手可能。 思いの外オシャレなデザインのウェアも見つけられたりするので、「これ使えるよー!」 ‥みたいな掘り出し物探しも楽しかったりします。

https://www.workman.co.jp

161673730_3848028558643763_7578315704372

THAMES (テムズ)

​札幌市内の老舗のフライフィッシング専門店。  ‥とにかくセンスの良いお店。  大きなお店ではありませんが、店内にはフライフィッシング関連の道具がたくさん売っています。 オススメのポイントはズバリ、「 女性でも楽しい。」  フライフィッシングにあんまり興味がない人でも、お店のあちこちに「 あ‥  なんかこれかわいい‥!」  ていうような小物やアクセサリーがちょこちょこ存在するんです‥    それもそのはず、お店の方が女性なんです。 すごく気さくな良い方で、プロショップなのにお客を選ぶような感じは全くなく、誰でもにこやかに気持ちよく対応してくれます。お店の雰囲気は、「なんか‥ちょっと敷居が高そう‥  」 て思っても入ってみたら全然そんなことなかったっていうすごく素敵なお店です。  釣りの時にセンス良く見える小物やアクセサリの選び方や着こなしかたなんかは他のどこよりも的確にアドバイスしてくれると思います。

ff.thames

156598499_3815209815258971_6085248922066
北海道の釣りガイドKAMUYは北海道で唯一のドリフトボート、カヤック専門フィッシングガイドサービスです。イトウ、アメマス、ワイルドレインボーなど北海道を代表するネイティブトラウトの釣りを強力にガイドします。