ニジマス
尻別川
カラフトマス
日高
支笏湖
オショロコマ
積丹

​9月のオススメプライベートガイド付き釣行: 忠類川の遡上ピンクサーモン

あらためて言うまでもなく この川の釣りを勧める理由は日本国内で唯一、河川内でのカラフトマス、つまりピンクサーモンの釣りを許可されているからだ。 ピンクの遡上があるのは例年お盆以降と言われているが、ある程度の数がまとまって遡上し始めるのは9月に入ってから。  その理由は沿岸のマス網が8月31日を以って漁期の終了とともに一斉に撤去されるからというもの。 物理的な遡上の障害になるものがなくなるからに他ならない。  9月1日〜中旬にかけて遡上したばかりのフレッシュな個体はルアーやフライへの反応も良いので。 川で成熟したピンクを狙うならこの時期がベストシーズンということになる。毎週の木曜日はストップフィッシングなので計画時注意してほしい。

​9月のオススメプライベートガイド付き釣行: オホーツク海沿岸地域のチャム・サーモン

9月は北海道じゅうどこに行ってもサーモンの釣り一色となる。  国内の一般種で最も大型化するのはチャム・サーモンだがオホーツク海と道南の噴火湾の個体が中でも大型のものが釣れることで良く知られている。 時期的にオホーツク沿岸地域のチャムの接岸ピークは9月中旬頃で美しい白銀色の鱗に覆われた素晴らしい個体が釣れる。 地元アングラー達が「 銀ピカ 」と呼ぶこれらは食味も比較的良い。 オホーツク海沿岸地域とひとえに呼んでも広いが特にオススメするのは2箇所。

枝幸と網走(知床半島・ウトロ地区を含む)だ。  枝幸での最もオススメはボートからのルアーキャスティング「ハネ撃ち」と呼ばれる遊漁船の釣り。「ウキルアー」と呼ばれる地元式のルアー仕掛けに付餌を使用するスタイル。 網走・ウトロ沖では 胴つき仕掛けによるボトムフィッシング、通称「ウトロ沖式」と呼ばれるもの。こちらは電動リールに5本連針の付餌で中層の群れを狙う方式だ。どちらも良い時期は2週間ほど。9月の中旬ごろだ。  岸からのキャスティングの釣りも地元では盛んに行われているが、如何せん釣り場のマナーが悪い上一部の釣り人達の民度が非常に低くトラブルも絶えないことからゲストにあまりお勧めできるものでないことが残念でならない。近年はサケ資源の保護のため岸からの釣り場が徐々に規制され、釣りが禁止される傾向にある。 

​9月のオススメプライベートガイド付き釣行: 積丹半島のオフショアジギング・夜ブリ&ヒラメ

 

​青物は小型が中心だが稀に10kgを超えるサイズも釣れる。 この時期のオススメスタイルは夜間に集魚灯とアンカーを使用して行う通称「夜ブリ」と呼ばれるもの。 通常250gくらいだが潮流れが早い日はなんと500g近いジグを使用することもある。 水深が40〜55mと浅いのだがこのタラの中深海釣りのようなヘビーなジグを棚を底近くに絞ってひたすら上下して青物を誘うという独特な釣法だ。   他には9月はヒラメが良い時期を迎える。バケと呼ばれる500gほどの三角錘に付餌をつけてやはり底付近の棚を上下して誘う釣りだ。 北海道では釣り場や遊漁船・釣具店で生きたイワシなどの餌が手に入らないという地域的な事情がこれらの背景にあるのだが 独特なので話のネタとして一度は経験してみると面白いだろう。

​ニセコリバーカヤックフィッシング

9月は学生や社会人グループなどに特に人気。 釣りはもちろん、上陸あり、マイタックルあり、泳ぎアンドお約束の転覆ありw  と楽しさ盛りだくさん。 ガイド付きではなく自分たちだけでの自由なダウンリバー釣りを体験するならこれ。  高い自由度とやりがいたっぷりで人気のメニュー。15歳以上限定 9月の開催期間は9月1日〜27日まで。難易度はハイエンドクラス。 コスパ最強と噂される影の人気メニュー❗️

IMG_8901.jpg

​プライベートガイド:9月/その他

​・積丹半島 チャム・サーモン

9月に積丹半島の各河川の河口海岸でもサーモンの釣りが盛んに行われる。釣り人が多く釣り難いのと個体のサイズがイマイチ小さいが、札幌からもほど近く朝の短時間で手軽にできるという意味では良い。例年9月第1週くらいからスタートして10月末まで釣れ続く。ニセコ・小樽・札幌からの半日日帰りで。

​・尻別川 ニジマス

9月、川の水温が下がってくる良いタイミングに当たると一時的に良い釣りができることがある。ただ台風のシーズン真っ只中の川は入釣のタイミングが難しい。  川の増水した水位が良い具合まで下がってくるあたりでまた再び雨が降って増水&茶色に逆戻り…  ということを繰り返す時期。  ニセコ・札幌圏滞在のスタイルなら9月の川の釣りはタイミング待ちとなる。   河口海岸のサケ釣りやオフショアの釣りと合わせて楽しむのが賢い。 

​・ニセコ 渓谷の大アメマス

9月に産卵のため遡上することで知られるアメマスだが、雑誌やネットで有名な音別川や茶路川などはあまりにも有名になりすぎてなんの保護規制もされていないため9月は入釣者が多くまともに釣りにならないことが多い。 KAMUYではプライベートのリピーター限定で案内している「リピーター限定ガイド」 70cmを超えるグッドサイズが釣れだすのが9月中旬以降。  幽玄の渓谷の底での大型のアメマス釣りは渓流釣りファンにオススメだ。

​・9月の台風増水と釣り

9月もやはり台風シーズンのため川の釣りが全くできなくなることがしばしばある。 沖の釣りは安定的にオススメ。 そして河口海岸のサケの釣り場では河川の増水に合わせて群れの一斉接岸に当たることがあり、うまくタイミングに当たると1人で数十尾のサケを釣るような夢のような体験をすることもあり、覚えておくと良い。

スクリーンショット 2020-03-27 19.23.45.png
北海道の釣りガイドKAMUYは北海道で唯一のドリフトボート、カヤック専門フィッシングガイドサービスです。イトウ、アメマス、ワイルドレインボーなど北海道を代表するネイティブトラウトの釣りを強力にガイドします。

Copyright(c) KAMUY All Right Reserved

北海道の釣りガイドKAMUY