​6月のオススメプライベートガイド付き釣行: 洞爺湖のヒメマス&レインボー

6月は洞爺湖のヒメマスが解禁を迎え、多くの地元のファンが洞爺湖に集う。 解禁直後ヒメマスの泳層はまだ浅く岸からのキャストでも十分釣りになることもある。 ヒメマスの食味は北海道に生息する全サケマスの中でも文句なしのトップクラス。バターのような絶品の刺身をぜひ自身の釣ったヒメマスで味わってもらいたい。   合わせて狙えるニジマスは広範囲にハルゼミの落ちる湖岸をドライフライで釣り歩く。どちらも2名までがオススメ。

​6月のオススメプライベートガイド付き釣行: 道南のエゾイワナ/ヤマメ

本州とのシーズンの違いに注意。 北海道の渓流釣りは6月からが本番とおぼえて欲しい。 北海道では5月いっぱいまで全河川でヤマメは禁漁。高緯度で水も冷たい北海道では6月からが渓流釣りの実質的なスタートとなる。ちなみに北海道のアングラーはほとんど渓流のヤマメやイワナには興味がない。なぜかってサクラマスやアメマスが釣れるので彼らの幼体のイワナやヤマメは目にも止まらないのが普通だからだ。 …という理由でイワナやヤマメの良い渓流は北海道にいくらでもある。 エゾイワナの圧倒的な数釣りの可能な北海道だが、注意した方が良いのは海から遡上したてのアメマス、野生ニジマスが普通に混ざって渓流に生息しているので繊細なロッドや渓流竿を折られるなんてことがよくある。 新緑の綺麗な渓谷で思う存分無垢なイワナに遊んでもらったら、木漏れ日を浴びながら天然の秘湯でのんびり湯浴みとビールを… ♨️🍺

​6月のオススメプライベートガイド付き釣行: 尻別川/6月はドライフライ祭

​6月に狙える魚はニジマス・ブラウン・イトウ・オショロコマ・アメマスと豊富。 本州に比べて気候が冷涼で夏の短い北海道では中型以上のカゲロウ類がまとまって集中羽化し、アリや甲虫類などのテレストリアルも同時に動き出す6月は1年を通して最もドライフライを使う機会の多い季節。 山上湖よし、渓流よし、本流もよし、天気もよしと言うことなし。 ドライフライ信者はここで釣らずにいつ釣るか。といったシーズンが6月〜7月です。 60cmクラスが人知れず静かなライズを繰り返すシークレットスポットへボートでご案内。  思う存分ドライの腕をふるってください。 ドライフライフックのワイヤーは1X ヘビーがスタンダード。   

​ニセコファミリードリフトボート もオススメ

​6月はまだ台風もなく梅雨とも無関係の北海道は天候も概ね安定。快適です。 イトウの出やすい時期。  

スクリーンショット 2019-03-19 21.40.03.png

​ドリフトボート・乗合

時期的にまだスレ知らずの良い状態の魚が広範囲に散っている6月は午前中なら広範囲をテンポよく探れるルアーフィッシングがいい。夕方はフライでイブニングのライズをピンポイント狙いのパターン。本流ではイトウの気配濃厚。

fullsizeoutput_c20.jpeg

​ニセコリバーカヤックフィッシング

リバーカヤックフィッシングは高い自由度とやりがいたっぷりで人気のメニュー。釣りはもちろん、上陸あり、マイタックルあり、泳ぎアンドお約束の転覆ありと楽しさ盛りだくさん。 ガイド付きではなく自分たちだけでの自由なダウンリバー釣りを体験するならおすすめします。  15歳以上限定 6月の開催期間は6月16日〜30日まで。難易度はハイエンドクラス。 コスパ最強と噂される影の人気メニュー❗️ 20代から社会人グループにおすすめします。

IMG_8901.jpg

​プライベートガイド:6月/その他

・鵡川・空知川 アメマス/イトウ

空知川のアメマスが一斉に遡上を開始する時期。 いたるところアメマスだらけの川をドリフトボートで。  かなやま湖では5月に引き続きグリーンバックのイトウ。鵡川でグッドサイズの大イワナと体色の濃い居つき大ニジマスの釣り。 秘密のスポットへご案内します。

 

 

・道北 イトウ

​6月の道北イトウは今年からテスト釣行開始。お楽しみに。

 

 

Copyright(c) KAMUY All Right Reserved

北海道の釣りガイドKAMUY