ニジマス
尻別川
カラフトマス
日高
支笏湖
オショロコマ
積丹

​6月のオススメプライベートガイド付き釣行: 尻別川/6月はドライ祭り

​6月に狙える魚はニジマス・ブラウン・イトウ・オショロコマ・アメマスと豊富。 本州に比べて気候が冷涼で夏の短い北海道では中型以上のカゲロウ類がまとまって集中羽化し、アリや甲虫類などのテレストリアルも同時に動き出す6月は1年を通して最もドライフライを使う機会の多い季節。 山上湖よし、渓流よし、本流もよし、天気もよしと言うことなし。 ドライフライ信者はここで釣らずにいつ釣るのかというシーズンが6月。 実際のガイドでは産卵後の疲れから回復してきた60cmクラスのレインボーが人知れず静かなライズを繰り返すシークレットスポットへドリフトボートでこっそりご案内。 夕方、大型のカゲロウ種 「モンカゲロウ」 がボートの周囲にポコポコと水面羽化を開始して流れ出したらチャンスタイムの到来。  ここぞとばかりに思う存分ドライの腕をふるってほしい。 フライのフックは太軸をお勧め。

​6月のオススメプライベートガイド付き釣行: 尻別川/河川遡上を開始する「上りアメマス」の釣り

​4月連休直前の雪代増水の始まりと同時に遡上を始めるのがサクラマス。 そのサクラマスに遅れること1ヶ月でアメマスの遡上も開始される。 年により多少前後するが6月上旬に第一陣が始まり翌7月末まで比較的長い期間にわたって遡上アメマスのシーズンとなる。ピーク時期は7月中旬くらいだがこのくらいの時期になるとイワナと呼んだ方がいいような小型のアメマスも多く混ざるようになるため良型を釣り選ぶなら6月が良いかもしれない。目標となるサイズは70cm超の沿岸でベイトフィッシュを飽食し丸々と太った個体だ。 釣り方はドリフトボートで川を移動しながら要所で腰を据えてツーハンド・ロッドを振るスタイル。 フライはウォディントンタイプかチューブタイプの派手な大型フライをメインに使用する。アメマスは川底にへばりつくように定位しているのでタイトに誘いたい場合に備えてシンクレート高めのティップを用意すると良い。 アメマスはこの他、様々な季節のパターンフィッシングが確立されているが、魚体のコンディション、ファイトの力強さ、フライ・ルアーへのアグレッシヴな反応など総合的にこの「遡上時期」の釣りが内容的に最も面白い。遡上時期のアメマスは轟々と流れる本流の底から勢いよくフライに飛びついてくるグッドファイターである。 

​6月のオススメプライベートガイド付き釣行: 尻別川/イトウ

尻別川水系でのイトウの産卵期は4月中旬〜5月中旬。  産卵終了から一呼吸置いた6月からイトウがドリフトボートの釣りでヒットするようになる。 ポイントはほぼ毎年決まっており産卵後ということもあってかルアー・フライへの反応は決して積極的ではないので、実際の釣りではピンポイントに的を絞った上でタイミングを調整して1日の全てをかけた上で満を辞して臨むスタイルが中心となる。 なかなか釣れない代わりというわけでもないのだろうが尻別のイトウは他の河川や湖沼に比べてサイズが大きく、  赤胴色のオスの個体はかかれば大体90センチを超えてくる。1mオーバーの個体もここでは全く珍しくない点が魅力だが、時期的に他にもアメマスやニジマスなどの魅力的な釣りとの競合のせいもあるのかこの時期にイトウだけに狙いを絞って実際に挑戦する人はそう多くはない。 そういう意味ではこの釣りはあらゆる釣りをやり尽くした真のツワモノが最後に行き着く釣り感がやはりある。

 

​ニセコファミリードリフトボート もオススメ

​アメマス・ニジマス・ブラウン・イトウと魚種も多彩に本流で数釣りができるようになるのが6月。まだ台風もなく梅雨とも無関係の北海道は天候も概ね安定していて快適。 ファミドリでイトウの出やすい時期でもあり、全体的には数釣りと魚のサイズのバランスが良い季節が6月。オススメ。  

スクリーンショット 2019-03-19 21.40.03.png

​ドリフトボート・乗合

時期的にまだスレ知らずの良い状態の魚が広範囲に散っている6月は午前中なら広範囲をテンポよく探れるルアーフィッシングがいい。夕方はフライでイブニングのライズをピンポイント狙い。本流ではイトウの気配濃厚なほか、遡上アメマスの一団に遭遇すると一箇所で劇的な連続ヒットもあるのが6月。5月よりもはるかに魚はアグレッシブになり、追いも深いので色々なルアーを試すといい。

fullsizeoutput_c20.jpeg

​ニセコリバーカヤックフィッシング

リバーカヤックフィッシングは高い自由度とやりがいたっぷりで人気のメニュー。釣りはもちろん、上陸あり、マイタックルあり、泳ぎアンドお約束の転覆ありと楽しさ盛りだくさん。 ガイド付きではなく自分たちだけでの自由なダウンリバー釣りを体験するならおすすめします。  15歳以上限定 難易度はハイエンドクラス。 コスパ最強と噂される影の人気メニュー❗️ 20代から社会人グループにおすすめします。

IMG_8901.jpg

​6月のオススメプライベートガイド付き釣行: 道北湿原河川のイトウ

6月も5月に引き続きイトウのよく釣れるシーズンだと言える。 そもそも湿原河川のイトウ自体は年中ほとんど場所を大きく移動することはなく真夏でも釣れる可能性がないわけではない。  …ではなぜ多くの人が初夏と晩秋にしかイトウを釣らないのだろうか? という当然の疑問が浮かぶかもしれないが、単純にいって真夏はそこに魚がいても釣れないから、というのが最大の理由である。 特に湿原河川の場合、6月も中旬を過ぎるころになるといくら気候冷涼な北海道とはいっても川の水温はそれなりに高くなってくる。 こうなると冷水を好むトラウト類が全くルアーやフライに反応しなくなってくるのは多くの釣り人の知るところだが、それは例外なくイトウも同じなのである。 ガイドでは6月中旬以降にイトウに臨むゲストにはとりわけ水温の低いとっておきの場所に案内することにしている。 どうしても休みがその時期にしか取れなくてイトウのベストシーズンに釣りに来られないという人だって少なくない。 6月中旬以降にイトウが釣りたいという人も7月末くらいまでならなんとかなるのでまずはKAMUYを頼ってみてほしい。  KAMUYでは経験と実績に自信あり。 後悔はさせないつもりだ。

​6月のオススメプライベートガイド付き釣行: 洞爺湖のヒメマス&レインボー

6月は洞爺湖のヒメマスが解禁を迎え、多くの地元のファンが洞爺湖に集う。 解禁直後ヒメマスの泳層はまだ浅く岸からのキャストでも十分釣りになることもある。 ヒメマスの食味は北海道に生息する全サケマスの中でも文句なしのトップクラス。バターのような絶品の刺身をぜひ自身の釣ったヒメマスで味わってもらいたい。   合わせて狙えるニジマスは広範囲にハルゼミの落ちる湖岸をドライフライで釣り歩く。セミドライの釣りは中旬までがオススメ。

​6月のオススメプライベートガイド付き釣行: 道南のエゾイワナ/ヤマメ

本州とのシーズンの違いに注意。 北海道の渓流釣りは6月からが本番とおぼえて欲しい。 北海道では5月いっぱいまで全河川でヤマメは禁漁。高緯度で水も冷たい北海道では6月からが渓流釣りの実質的なスタートとなる。ちなみに北海道のアングラーはほとんど渓流のヤマメやイワナには興味がない。なぜかってサクラマスやアメマスが釣れるので彼らの幼体のイワナやヤマメは目にも止まらないのが普通だからだ。 …という理由でイワナやヤマメの良い渓流は北海道にいくらでもある。 エゾイワナの圧倒的な数釣りの可能な北海道だが、注意した方が良いのは海から遡上したてのアメマス、野生ニジマスが普通に混ざって渓流に生息しているので繊細なロッドや渓流竿を折られるなんてことがよくある。 新緑の綺麗な渓谷で思う存分無垢なイワナに遊んでもらったら、木漏れ日を浴びながら天然の秘湯でのんびり湯浴みとビールを… ♨️🍺

あまり難しく考えすぎずに大イワナを釣りたいと願うなら独力で釣行しようなどと無理をせずにぜひKAMUYの門戸を叩いてみてほしい。 ポイントのアプローチ、装備の指導、そして何よりも現場への同行と安全のサポートを一挙同時に叶えてくれるガイドフィッシングという選択肢をオトナの釣り人であれば選ぶべきで、ガイド料を支払うことを惜しむあまり無理をして山域深くへの単独行など決してやってはいけない。  この地域のヒグマの出没事例は現在もなお増え続けて衰えることを知らず毎年ニュースを騒がせている。…事故というのは起きてしまってからでは全てが遅いのだ。 KAMUYでリピーターになって安全に楽しく更なる秘境釣行に挑戦しよう!

​プライベートガイド:6月/その他

・鵡川・空知川 アメマス/イトウ

空知川のアメマスが一斉に遡上を開始する時期。 いたるところアメマスだらけの川をドリフトボートで。  かなやま湖では5月に引き続きグリーンバックのイトウ。鵡川でグッドサイズの大イワナと体色の濃い居つき大ニジマスの釣り。 秘密のスポットへご案内します。

 

・日高 ニジマス

​5月から引き続きニジマスの産卵絡みの個体の釣りが楽しめる。 6月は徐々に小型の個体が多くなってくるので頃合いを見計らって釣りは止めてあとは出来るだけ静かに産卵させてやるようにしている。

 

スクリーンショット 2020-03-27 19.23.45.png
北海道の釣りガイドKAMUYは北海道で唯一のドリフトボート、カヤック専門フィッシングガイドサービスです。イトウ、アメマス、ワイルドレインボーなど北海道を代表するネイティブトラウトの釣りを強力にガイドします。

Copyright(c) KAMUY All Right Reserved

北海道の釣りガイドKAMUY