​プライベートガイド: 尻別川/レインボー・ブラウン

​尻別のニジマス・ブラウンは5〜11月が安定。  ドライフライは6月のいっとき素晴らしいシチュエーションに出会うことがある。。 尻別川に限ったことではないが7〜8月は本流・支流ともに陸の釣り人が多い上、魚は広範に拡散しなおかつ深場に移動するのでドリフトボートが必須。ひとたび喧騒を離れると川はたちまち野性味溢れる本来の姿を見せてくれる。もともと湧水が豊富で十勝水系のようなフリーストーン川ではない尻別川は近年よくある夏の大雨増水にも比較的強い。 風と水量・水質を見てその日の良い釣り場を選びます。

​ニセコファミリードリフトボート 

​ファミリーでのニジマス狙いは5〜8月と10月。 6月〜9月は早朝便がオススメ。とりわけ8月真夏の大型ニジマスをある意味一番当てやすいのはこのファミドリだったりする。理由は… 一度体験するとわかるだろう。 大型の野性レインボーが子供達の竿にヒットするとボートの上は大騒ぎに…   とっても愉快な川の旅。 

スクリーンショット 2019-03-19 21.40.03.png

ドリフトボート・乗合

乗合のニジマス狙いは5月〜10月 午後のイブニングライズの釣りがおすすめ。 ゆっくりと流れる水と時間を楽しむんだなんてカッコつけながら大型のライズでいつも少年のように心躍ってしまう。 ライズ狙いの釣りはアングラーの腕の差がモロに出る釣り。 楽しむにはテクニックがそれなりに必要。

fullsizeoutput_c20.jpeg

​ニセコリバーカヤックフィッシング

ニジマス・ブラウントラウトともに最もよく釣れる魚種。 リバーカヤックフィッシングは釣りはもちろん、上陸あり、マイタックルあり、泳ぎアンドお約束の転覆ありw  と楽しさ盛りだくさん。 ガイド付きではなく自分たちだけでの自由なダウンリバー釣りを体験するならこれ。  高い自由度とやりがいたっぷりで人気のメニュー。15歳以上限定 難易度はハイエンドクラス。 コスパ最強と噂される影の人気メニュー❗️ 20代から社会人の元気のあるグループに特におすすめします。

IMG_8901.jpg

​プライベートガイド: 6月の洞爺湖/レインボー

ニジマス狙いなら何と言っても6月の洞爺湖がおすすめ。洞爺湖は現在おそらく北海道で最も大型美形ニジマスの生息数の多い水系。 どうせねらうなら75cmオーバーの超良型をねらいましょう。  …そのクラスはそう簡単には釣れないでしょうとガイドもゲストも言いながら良い風の吹く日はホントにチャンスを感じてみんなして真剣モード。  フライならエゾハルゼミの頻繁に落ちるドライフライスポットに、ルアーなら大型の回遊ルートへ案内します。 風のない凪の日はヒメマス狙いにチェンジが賢い。

​プライベートガイド: 11〜12月の支笏湖/レインボー・ブラウン

​11月下旬から年末にかけて大型のチャンスが再び到来。 雪が降って寒くなると夏のあいだ深場に落ちてた大型が餌を求めてシャローに上がってくる。 鍵を握るのは風。  強いアゲインストでザバザバ湖岸に波が立つようなら覚悟を決め腰を据えてキープキャスト。 ルアーでもフライでも良いけど、この時期に実際に地元のよく釣る常連は大体エサ釣り。

​プライベートガイド: 7月の十勝/レインボー

オススメは7月。 ただ十勝水系は釣り人が多い上、2年前の災害大増水以来、依然として改修工事が続いているので今年もおそらく良い釣りができるかどうかは水の状態次第かと。十勝本流の水質・水量が7月の時点で 良い状態であればすぐにオススメします。

​プライベートガイド:レインボー/その他

・渚滑川 7〜9月

夏になると日本全国からフライマンが集まる川。  渚滑川で良い釣りをするには釣り人で混雑するC&R区間はあえて避けるべきで、ドリフトボートで下るのがおすすめ。7月下旬以降は近くの海岸でカラフトマスも合わせて。

・道南 6月〜11月

​最近はアメマスだけじゃなくニジマスもちょこちょこ顔を出すようになった道南の渓流。 実はニジ狙いの意外な穴場は多し。プライベートガイドでニジ川へこっそりと…

 

 

Copyright(c) KAMUY All Right Reserved

北海道の釣りガイドKAMUY